MENU

返済を念頭に置いたキャッシングを

キャッシングカードを持っていると限度額以内なら好きなときにお金を引き出すことが可能です。まるで自分の銀行口座からお金を引き出すような感覚になりついつい気軽に引き出したくなります。でも待って下さい。キャッシングは自分のお金を使うのとはわけが違うのです。

 

キャッシングカードを使って引き出したお金は後日返済しなければいけないし、返済時には利息も返さなければいけません。ここを良く理解してキャッシングをするようにしておかないと、気が付いてみれば必要のないお金まで引き出してい利息が大変、2か所から借りていたなどのキャッシングの罠にはまってしまうのです。

 

キャッシングの目的は必要なお金を借りることです。キャッシングカードを作っておいてなにも借りないのでは意味がありませんが、例え必要な金額を借りるにしても利息は発生します。自分が確実に返せるかどうかもう一度確認をして返すことができる範囲でキャッシングするようにいつも気をつけておくことが必要です。

 

キャッシングは信用のおける会社から

どこの業界にも悪徳業者は存在します。特にお金を扱うキャッシング業界は悪徳業者が手ぐすねひいて獲物を待っていると思っていて間違いありません。お金を借りたい弱みに付け込んで法定以上の金利を要求したり、返済能力以上の金額を貸してくれるような会社はまず悪徳業者と思って注意するべきです。

 

悪徳業者の多くは最初から正体は現わしません。お金を借りたい人の気持ちになって悩みを聞くふりをして信用させます。そしてお金を借りたい人の弱みを上手く利用して、お金を貸し付けます。最初はお金を借りることができてほっとするのですが気が付いてみたら法定以上の金利になっていたり、抵当を取られていたりと不利な契約を結ばされたことに気がつくのです。契約時に冷静に判断できればいいのですが、なるべく名前の知られた信用できるキャッシング会社を利用することをお勧めします。

 

審査基準も甘く、借り入れし易い会社からお金を借りたい気持ちも分かりますが、最初から最後まで甘いままのキャッシング会社なんて存在しないのです。

 

  • 借りたお金は返さなければいけない!
  • 借りたお金は利息を付けて返さなければいけない!
  • ただし、法外な利息は返却義務なし!

 

結論

キャッシングカードがあれば、自分のお金のような感覚でついつい使ってしまいがちです。借金をしているんだという自覚を持って引き出すようにしてください。甘い話にはのらないことも大切です。