MENU

急な出費に対応する時に向いているキャッシング

家族がなくなってしまった場合や友人などの結婚式などの冠婚葬祭や、急にほしいものが出来てしまったがそれが高価であったりなど、生活していれば何かと急な出費が発生することも少なからずあります。このようなときに十分な貯金があれば問題はありませんが、貯金が少ない場合で出費がそれよりも多く上回っていれば対応できません。

 

そんなときに便利になってくるのがキャッシングです。キャッシングであれば返済の目途があれば金利こそかかるものの対応することができますし、現金として借りられるのでクレジットカード払いができない医療費などを始めとした様々な生活費用も支払う事ができます。また消費者金融であれば即日でのキャッシングも可能だったりするので、なにかと融通が利きます。

 

ダメなキャッシングの利用方法

基本的にやってはいけないキャッシングの利用方法として挙げられるのが、すでにどこからら借金をしており、その借金の返済をするためにキャッシングを利用する場合です。このように借金を返済するために別の会社からお金を借入するという事を繰り返していっても、ひたすら利子が膨らむだけです。

 

これだけならまだしも、このように借入先がどんどん増えていけば、次に借入するところの審査にも受からないといった事が起きてしまいます。これは審査において現在借入している会社の件数ではなく、それまで借入した件数も含めてカウントされることから、返済能力なども疑われ審査にも通らなくなるという事も起きてくるわけです。

 

場合によっては多重債務により信用情報機関にブラックリストとして登録され、こうなればどこの金融機関からも借り入れをすることが出来なくなってしまいます。借金が返済できそうになければ債務整理で乗り切る道もありますが、この場合でも信用情報機関にブラックリストとして登録され、任意整理や個人再生で完済を行った後や自己破産によって免責確定後でも5年程度はそれが消えることはありません。

 

このような事から借金の返済を行うためにキャッシングを利用するのは基本的にNGで、仮に借金返済のためにキャッシングを行うにしても、事前に短い期間で返済しきれる場合に利用するようにしておきたいところです。

 

おわりに

キャッシングは借金返済のために利用するなど、返済の目途が立たない状況で使うとその後は非常に良くないことが予想されますが、利子も含めて借入した分はきっちりと返せることが分かっていれば、急な出費に対応するときにも便利に利用できます。

 

お金が必要な時に利用するのはもちろんの事、事前に契約をしておけばすぐに借入できたり自由に返済したりすることが出来るので、緊急の場合に備えて事前に契約しておくのも良いかもしれません。